第36回 神奈川県早朝野球大会 準優勝

9月3日 横浜スタジアム
県大会 決勝
対 A&Aオートサービス
0-1 敗北

序盤から投手戦となり、両チームの先発投手は一歩も譲らない試合展開となる。
3回裏、正人【1】がライト線への2塁打、祐之【7】の送りバントで1死3塁のチャンス。ここで京介【6】はレフトへの浅い飛球。3塁ランナーがタッチアップするも本塁アウト。先制点をあげられない。

TAKAの先発はエース学【18】。決勝に照準をぴったりと合わせ絶好調、6回まで一人のランナーも許さない見事なピッチング(パーフェクト)。
しかし、7回表A&Aは江角選手【0】がヒットで出塁し、続く酒井選手【23】が送りバントを決め、1死2塁。このチャンスで斉藤選手【8】がセンターへはじき返しタイムリーヒット。このワンチャンスをきっちり得点した。

一方TAKAは序盤に安打や四死球で塁上を賑わせ、優位に進めるもチャンスで1本が出なかった。
5回以降はA&A山口投手【17】に完全に押さえ込まれ、徐々にペースを失い最終回一気に決着を着けられてしまった。

あと一歩のところで優勝には届きませんでしたが、確かな”差”を埋めるべく各自励み、リーグ戦ではリベンジ&リーグ優勝しましょう!
A&A 優勝おめでとうございました!!
来年の全国大会、青森でのご活躍を期待しております。

(Sponsered Link)


結果

チーム1234567RHE勝敗
A&Aオートサービス0000001120Win
横浜TAKA0000000030Loss

 



Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください