vs シーサン②(横浜市早朝野球第58回リーグ戦)

6月13日 岸根球場
対 シーサン
2-2 引き分け

開幕戦から4勝2分けと負けなしで臨む7戦目(はやくも後半戦に突入)、対戦相手はシーサンさん。
前回対戦は勝利したものの最後までどちらに転んでもおかしくない展開でした。

TAKAの先発はエース純太【11】。対するシーサンは小原【26】投手が先発で、オープン戦を含めると今季3度目の顔合わせです。

初回、TAKAは大進【16】のヒットと博和【10】の四球でチャンスを作るも後続続かず無得点。一方シーサンはエラーのランナーを3塁まで進め、4番岩本(拓)【10】選手が左中間へ2ランホームラン。先制点を許す。(0-2)
純太【11】は手痛い一発を食らうも、その後立ち直りアウトを積み重ねる。
なかなかチャンスの糸口をつかめず迎えた4回表、1アウトから賢【8】が左中間へ2塁打を放ちチャンスメイク。和樹【5】、純太【11】が四球を選び満塁のチャンス。ここで祐仁【0】は体を張った死球の押し出しで1点を返す。(1-2)
5回表からシーサンは小原【26】投手から三村【17】投手へ継投にはいる。
6回表、この回先頭の賢【8】が左中間へ大飛球を放ち同点ホームラン!!終盤に追いつく。(2-2)
最終回ノーアウト2塁のピンチとなるも1アウトを取ったところでタイムオーバー。2-2の引き分けとなった。

純太【11】は6回1/3を3安打 2死球 4奪三振 82球の好投も勝がつかず、報われなかった。

通算成績:4勝3分

2021.06.13 横浜TAKA対シーサン ダイジェスト

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください