vs 横浜クラブ① (第56回リーグ戦)

4月20日 今川公園
対 横浜クラブ
9-0 勝利

球春到来!!プロ野球開幕から約1か月遅れで、横浜市野球連盟の2019年シーズンも始まりました!
開幕戦の対戦相手は横浜クラブさん、今季よりAリーグに参戦する各チームのレジェンド(40歳以上)が集う経験値MAXのチーム。

TAKAは序盤から塁上にランナーを賑わせるも併殺や本塁憤死、盗塁失敗など得点を奪えない。
4回裏、この回先頭の3番貴史【10】が一塁線、ベース直撃の安打で出塁&盗塁を決めるも4番5番が倒れ、2アウト2塁。ここで純太【14】がレフトへ強烈なタイムリーヒットを放ち待望の先制点をあげる(1-0)。

5回裏も7番学【18】がセンター前へ安打、8番正人【1】は四球、9番祐之【7】はきっちりバントを決め、1アウト23塁。1番結樹【0】の内野ゴロ、2番京介【6】が俊足を活かしたバントヒットで追加点(3-0)。

6回裏は5安打の集中打に4盗塁と足を絡め、試合を決する6得点。(9-0)。

今季の開幕投手はストレート、変化球のキレはリーグ屈指の投手である純太【14】。(※エース学【18】は一塁手で出場。世代交代も近い)
6回までノーヒットピッチングで横浜クラブを寄せ付けない。7回に2本ヒットを許すも、後続をきっちり併殺打に仕留め、完封勝利(四死球1)!!

投打がきっちりかみ合い、開幕戦を勝利で飾った。


開幕戦勝利に導くナイスピッチング、純太【14】


今年よりキャプテン就任。チームの司令塔、博和【2】

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください